JAFS関東の活動

☆あなたの力を貸していただけませんか?☆

 アジアには、生きる上で必要な安全な水が手に入らず、苦しんでいる人々がまだ沢山います。
 生まれた場所が違うだけで、明日を生きる保証さえない人たちのために、あなたの力を貸していただけませんか?
 イベントの参加費など、活動を通じた収益で、厳しい境遇の人たちの生きる努力を少しでも支えることが出来ます。
 JAFSの活動は、皆さんの小さな勇気に支えられています。 
 なお、イベントの参加費や収益の一部(20%以内)は、JAFS関東の活動の経費にも充てられます。

私たちの取り組み ~パダトラ小学校の子どもたちの就学支援~ 

 インド山岳地帯で暮すアディヴァシと呼ばれる先住民たちは、身分制度としてのカースト外の更に下層に位置付けられ、永く社会において差別されてきました。
 こうした境遇の子ども達もが、学校で学び、将来は職を得て自立できるように、現地のNGOとJAFSが協力して設立されたのが、日印友好学園「パダトラ小学校」です。パダドラ小学校は、バンガロールから飛行機、車を乗り継いで7時間かかる人里離れた村はずれにあり、先住民族の子ら70人が学んでいます。
 被差別民族に生まれたハンデ、周辺にゲリラ組織がいる厳しい社会環境に置かれた子どもたちが、教育と体験を通じて自立していけるよう、アジア里親の会を通じて、継続した支援をおこないます。

 

女性迫害の悲しい因習 “Gaokor”

 インド先住民族の一部では、部族の習わしとして、生理中の女性は、村から離れた小屋に寝泊まりさせられ、家族も含め村人と接触を禁じられる「因習」=Gaokor・ガオコルと呼ばれる=があります。小屋は、雨も十分しのげない粗末なもので、ここでコブラにかまれたり、体調を損ない命を落とす不幸さえ起きています。多くの女性は、生理が訪れると、就学を続けることも難しくなり、学校をやめていきます。
 先祖からの習わしは、たとえ非人道的でも、すぐに変えられるものではありません。小屋の環境を改善し、女性の負担を減らすなど、問題緩和への地道な取り組みが、現地NGOにより進められています。
 パダトラ小学校の子どもたちも、こうした環境の中で生きていかねばなりません。JAFS関東では、この問題への現地NGOの取組を支援していきます。

 

お問合せ先

 私たちは、アジア協会アジア友の会の活動を支援する、関東地区の地域活動グループです。だれでも気軽に参加できる国際協力活動を目指して、チャリティウォークや、チャリティコンサート、国内ワークキャンプ、グローバルフェスタJAPANでのチャリティ販売など、国内で気軽に参加できるイベントを企画。
 「何かボランティアをしたいけど海外まで行けない… 」そんな思いの方、大歓迎! 一緒に、楽しく国際協力してみませんか!!

4号路途中の吊り橋「みやま橋」にて

お問合せはこちらへ お気軽にどうぞ!
公益社団法人 アジア協会アジア友の会
JAFS関東活動委員会

TEL:06-6444-0587 / FAX: 06-6444-0581

お問合せ

訪問してくれた人数


Since 2009.7.26

最近の記事

  1. 8/3 アジアの子どもたちへ JAFSチャリティ・チェロコン…
  2. 銀座チャリティウォーク ~ 銀座を知り、女性迫害の現実も学…
  3. 世界の子供たちの 健やかな未来に! 5/26 銀座チャリティ…
  4. 竹中真チャリティJAZZコンサート:ひな祭りに、アジアの子ど…
  5. 2018.3.3 竹中真 JAZZ PIANO CONCER…

おすすめ記事

  1. 東日本大震災支援

    小さな力かもしれない…でも、忘れない! ~「南三陸町応援ボランティア・ワークキャ…
  2. グローバルフェスタ

    グローバルフェスタ JAPAN 2016 ~未来のために、心を一つに取り組んだ2…
  3. モンゴル子ども支援

    モンゴル・保育園設立プロジェクト報告~子どもたちと歩み始めた一歩~
  4. チャリティコンサート

    竹中真チャリティJAZZコンサート:ひな祭りに、アジアの子どもたちへ
  5. ぞうすいの会

    誰もが『生まれてきてよかった』と思える社会へ~「ぞうすいの会」に40名を超す参加…
PAGE TOP