里子の笑顔(3) 「寂しくなんかないよ。だって…」

里子の笑顔(3)井戸で皿洗いするサンギータ

JAFS「アジア里親の会」では、
さまざまな事情で就学できないアジアの子供たちが、一人でも多く教育を受けられるよう、
里親のみなさんと支援を行なっています。

この記事では、JAFSの会員誌「アジアネット」の「里子の笑顔」コーナーから転載し、「里親の会」が支援している子どもたちの様子をお伝えします。

—-

寂しくなんかないよ。だって…

(アジアネット102号より)

 アジア里親の会は、インドでは3校のこどもたちの支援を行っています。

その中のマハラシュトラ州パダトラ小学校の子どもたちを、
本会の海外ワーカーであった菊池美智子さん(JAFS関東地区会員)が
訪ねられた時の様子をうかがいました。

 「サンギータ は小学校2年生です。 家を離れて、
学校の寮で生活しながら勉強をしています。
彼女の村には学校が無く、60kmも離れたこの学校に入学しました。

2年生でたった一人の女の子ですが、とてもしっかり者。
大人に話しかけられても物おじせず、にこにこと答えてくれます。

井戸で皿洗いするサンギータ

 、まだ霧の晴れないうちに起きだし、寮の仲間と一緒に井戸で
自分の服を洗濯するのが一日のスタートです。

ほかにも食事の準備をしたり、自分の食器を洗ったり、
夜寝るときに自分の布団を敷いたりと、立派に自立した様子。

家が恋しいはずの年齢ですが、“勉強させたいという両親の願い”を受け、
小さいサンギータは今日も元気に勉強しています。」 

 私たち が支援するパダトラ小学校の近隣には、少数部族民が多く暮らしています。
サンギータもその一人です。部族民の彼らも基礎教育を受けることができるように願い、
アジア里親の会で支援を実施しています。

 現在、15人の子どもが里親を待っています。あなたも里親になって、
子どもたちの夢をかなえるサポートをしてみませんか。
(JAFSスタッフ 熱田典子)

※ 里親として、アジアの子どもたちを支援して下さる方を募集しています。
 詳しくは、こちらから


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply