JAFS関東 ぞうすいの会「国際協力と市民活動」(5/29)

フィリピンでのワークキャンプ

“生まれてきてよかった”と誰もが思える社会へ

学校に水道が通って喜ぶ子どもたち=2015年9月、ネパール地震被災地・シンドゥパルチョーク郡ポテシバ村
ネパール地震復旧支援

ぞうすいの会 講演:「国際協力と市民活動」
 誰もがどこで生まれても、
  「生まれてきてよかった」と思える社会へ

 村上公彦 (公益社団法人 アジア協会アジア友の会 専務理事兼事務局長)

村上公彦 局長

村上公彦 局長

 日 時: 2014年5月29日(土) 11:30~13:30
 会 場: 東京府中教会 (11:15より受付)
  東京都府中市八幡町3-18-10 (地図
 最寄駅: 京王新宿線・東府中駅下車・南口から (徒歩5分)
 参加費: 500円
 主 催: (公社)アジア協会アジア友の会

 JAFS関東では「国際協力と市民活動」と題して、公益社団法人 アジア協会アジア友の会・創始者である、村上公彦局長のお話を聴く「ぞうすいの会」を、2016年5月29日(日)に 開催します。
 「市民一人ひとりが参加し、支援を通じお互いから学ぶ」ことを大切にする、JAFSの国際協力活動の在り方 についてのお話しです。 どたなでも参加いただけます! 

  ☆国際協力活動や世界の貧窮地域の支援に興味のある方
  ☆困っている人のために、力になりたいと思う方
  ☆「何かボランティアをしたいけど、海外まで行けない… 」そんな思いの方
  ☆「国際協力も大事だけど、日本だって大変…」と思う方
  ☆アジアの今に心を痛めている方

 そんな皆さんに、是非、聞いてほしい講演です!

 ご参加お待ちしています!

<当日のプログラム>
  9:30-10:00: こども教会 (岩田芳晴氏による腹話術)
 10:30-11:30: 礼拝 (説教:村上公彦牧師 [JAFS専務理事・事務局長] )

☆ぞうすいの会☆
 11:30-12:30: 村上公彦局長のお話(国際協力と市民活動)
 12:30-13:30: ぞうすいの会(懇話会とJAFSからのお知らせ)

 「11:15から受付」ですが、礼拝からの参加も自由です。

 ※ぞうすいの会では、「九州・熊本地震」被災地でJAFSが行っている支援活動の報告、ご支援へのお願いもいたします。

JAFSの歩みと村上局長

 村上公彦が、20代前半にインド南部の農村を廻った時のことです。真夏の大地に体の水分を奪われた彼は、農家で与えられた冷たくて美味しい水に渇きを癒され、それがまさに「生命の水」と思えました。しかし、溜池から汲まれたこの水が原因で腸チフスに冒され、入院。病床で仲間と語らう中で安全な水の重要性を痛感し、JAFSの前身「エポスクラブ」を設立しました(1970年)。その後、インドの西ベンガル地震被災者が「安全な水」に困窮する姿を見て、「水」の大切さを再認識し、JAFS発足へ至ったのです。

caption3
caption2

 以来、公益社団法人 アジア協会アジア友の会は、誰もがどこで生まれようとも『生まれてきて良かった』と思える社会を目指して、人々の”理解と協力と連帯”のもと、”安全な水”を贈ることにより派生した生活や環境、医療や衛生、教育の向上などの様々な社会的課題に取り組んでいます。

caption4
caption5
caption1

雑炊食べて増水?!… 

ぞうすいの会とは?…食卓からの国際協力
 質素な雑炊を1回の食事にすることで日ごろの過食を見直し、あわせて普通食との差額を貯えることで、アジアで安全な水が手に入らない人たちへの井戸の提供や、貧窮に苦しむ人たちを支援する資金にあてようという活動です。(’雑炊’から贈水、増水)

ぞうすいの会ぞうすいの会
ウランバートル ゲル地区活動の支援先:ウランバートル ゲル地区

 
 JAFS関東では、ぞうすいの会をはじめとする今年度の活動を通じ、モンゴルの首都に広がるゲル地区で、保育園の設立を支援していきます。
 モンゴルでは、市場経済への急激な移行により、地方から多くの人々が首都ウランバートルに移り住み、市街地の周りに、いわゆる「ゲル地区」が広がっています。「ゲル地区」では、インフラも公共サービスも整わず、貧困の中で十分な養育を受けられない子どもたちも沢山います。子どもたちを保護するため、アムガラン近郊で保育園の設立を進めていますが、備品の整備や保育士の雇用など大きな課題が残されています。JAFS関東のチャリティイベントで得られた収益金・寄付金を、このプロジェクトに役立てます。 参加費は、保育園設立に必要な教材、備品、部屋改築などの用途に使われます。

 併せてお願いする、熊本地震への緊急支援募金(募金は任意)は、JAFSが現地で進めている地震被災者への支援活動に活かされます。

モンゴルの子どもたちモンゴルの子どもたち
熊本地震支援報告熊本地震支援の報告

お申込み・お問合せ

 公益社団法人 アジア協会アジア友の会
 JAFS関東活動委員会
 TEL: 06-6444-0587 ・ FAX: 06-6444-0581
 E-mail: jafskanto (アットマーク) gmail.com ←(推奨)

申し込みボタン

←お申し込みはこちら

  事前申込みがなくても、参加いただけます。(人数把握のため、お知らせ下さい)
  ぜひ、お気軽にご参加ください!


モンゴルの子どもたちの健やかな未来に!:チャリティウォーク「築地・佃島・月島」(6/4)

鮭の専門店「昭和食品」

懐かしくて、美味しい日本の下町巡り

築地市場外市場
築地市場外市場

鮭の専門店「昭和食品」鮭の専門店「昭和食品」。海外からの旅行者もパチリ!
佃権(つくごん)美味しいおでんネタがいっぱいの「佃権(つくごん)」


  ~モンゴルの子どもたちの健やかな未来に!~
  ★チャリティウォーク「築地・佃島・月島」★

 日時: 2016 年 6月4日 (土) 9:40~14:45
 集合場所: 東京メトロ「築地駅」1番出口(築地本願寺方面出口) 
 参加費: 1,000円 (高校生以下500円)
 (別に、「タイムドーム明石」の入館料 = 100円が必要)

 モンゴルの首都近郊に広がる「ゲル地区」で、貧窮から十分な養育を受けられない子どもたちの保育園建設を支援するチャリティウォークです。熊本地震被災地への支援活動に緊急の募金協力(任意)も併せて募ります。

インド寺院を思わせるような異国情緒あふれる「築地本願寺」
築地本願寺

波除稲荷「波除稲荷」の獅子頭。かつては「獅子祭り」の主役でした
勝鬨橋跳開橋として有名な勝鬨橋


どんなイベントなの?

 異国情緒あふれる築地本願寺、日本の食の台所「築地」を堪能したのち、跳開橋の勝鬨橋、隅田川を挟んだ佃島・月島へと歩くチャリティウォーク。狭い路地が縦横する昔ながらの町並みと再開発の超高層マンションが不思議と調和した、東京の下町巡りです。

 かつて、築地が学問の地として栄えたことを示す記念碑も点在。郷土資料館「タイムドーム明石」では、東京の近代化の歴史も覗いてみます。
 築地市場外市場で、美味しいお店めぐりのブランチ。終了後は月島で、もんじゃを食べながらの懇親会も予定。

 日本の食文化を満喫しながら、社会にも貢献できる、欲張りなチャリティウォークです。

どんな貢献ができるの?

ウランバートル ゲル地区

 モンゴルでは、市場経済への急激な移行により、地方から多くの人々が首都ウランバートルに移り住み、市街地の周りに、いわゆる「ゲル地区」を形成しています。「ゲル地区」では、インフラも公共サービスも整わず、貧困の中で十分な養育を受けられない子どもたちも沢山います。アムガラン近郊で、子どもたちを保護する保育園の設立を進めていますが、備品の整備や保育士の雇用など大きな課題が残されています。チャリティウォークなど、JAFS関東のチャリティイベントで得られた収益金・寄付金を、このプロジェクトに役立てます。 参加費は、保育園設立に必要な教材、備品、部屋改築などの用途に使われます。

 併せてお願いする、熊本地震への緊急支援募金(募金は任意)は、JAFSが現地で進めている地震被災者への支援活動に活かされます。

時間や集合場所の詳細

日 時: 2016 年 6月 4日 (土) 
集合時間: 9:40(受付開始 9:20)
集合場所: 東京メトロ「築地駅」1番出口(築地本願寺方面出口) 
参加費: 1,000円 (高校生以下500円)  
 (別に、「タイムドーム明石」の入館料 = 100円が必要)
持ち物:水筒/飲料水、帽子、タオル、雨具、保険証のコピー、現金、など
 (築地市場外市場で、各自お食事となります。参加費には食事代は含まれておりません。)

予定ルート

Start : 東京メトロ「築地駅」(9:50) ~築地本願寺(9:55-10:30)
 ~築地場外市場(10:40-12:00[各自食事・買い物])~波除稲荷(12:05-12:15)
 ~かちどき橋の資料館(12:20-12:40)~タイムドーム明石(13:10-13:30)
 ~浅野内匠頭邸跡(13:40)~佃島渡船碑(築地側)(14:05)
 ~石川島灯台モニュメント(14:15-14:20)~住吉神社(14:25)
 ~東京メトロ「月島駅」(14:40)
Goal : 月島駅付近で解散(14:45)[その後懇親会(希望者)を予定] 
《 歩行距離:約6km 》

 ※ルートは都合により変更になることがあります。

 

かちどき橋の資料館「かちどき橋の資料館」でかつての開橋設備を見学
日本近代文化事始の地築地には、日本の近代化の足跡を記す様々な記念碑があります

隅田川隅田川を勝鬨橋へ向かう屋形船
石川島灯台モニュメントかつてあった石川島灯台を象ったモニュメント

お申込み・お問合せ

   公益社団法人 アジア協会アジア友の会
   アジア協会アジア友の会 JAFS関東活動委員会
   TEL: 06-6444-0587 ・ FAX: 06-6444-0581
   E-mail: jafskanto (アットマーク) gmail.com ←(推奨)

申し込みボタン

←お申し込みはこちら

  ※複数名でご参加の場合も、お一人ずつお申込み下さい。


Charity walk in Tsukiji, Tsukudajima, Tsukishima for helping children in Mongolia (June 4th)

築地市場外市場

Let’s enjoy walking around nostalgic old down town Tokyo

These following photos are taken in the preliminary inspection of the program.
Tsukiji Outer Market
Tsukiji Outer Market

A salmon shopA salmon shop
Oden ingredients shopOden ingredients shop


 ~To help found a kindergarten in Mongolia~
 ★Charity walk in Tsukiji, Tsukudajima, Tsukishima★

Date:  June 4th (Sat.) 9:40~14:45
Meeting place: Tokyo Metro ‘Tsukiji station’ Exit 1 (Exit for Tsukiji honganji Temple) 
Entry fee: JPY 1,000 (High school students and under: JPY500)
 (In addition, an admission fee (JPY 100) of ‘Time dome Akashi (The folk museum of Chuo city)’ is needed.)
What to bring: water, hat, towel, umbrella, etc.
(Lunch is not included in the program. You will have time for lunch and shopping at the Tsukiji outer market.)

‘JAFS (Japan Asian Friendship Society) Kanto (voluntary organization)’ will hold The ‘Charity walk’ to found a kindergarten in ‘Ger areas’ in Ulan Bator, the capital city in Mongolia for providing childcare services to poor children. Your entry fee is used for renovating the kindergarten, installing its equipment, and providing their teaching materials through JAFS. We will also collect contributions for Kumamoto earthquake victims on the spot.

Tsukiji honganji temple which reminds us of Indian temple
Tsukiji honganji temple

Namiyoke jinjya shrineThe lion mask of the Namiyoke jinjya shrine
Kachidokibashi bridgeKachidokibashi bridge is famous bascule bridge


Schedule

Start : Tokyo Metro Tsukiji station(9:50)
~ Tsukiji Honganji temple (9:55-10:30)
~ Tsukiji Tsukiji outer market (10:40-12:00[Shopping & Lunch(by each one)])
~ Namiyoke inari shrine (12:05-12:15)
~ Museum of the Kachidokibashi bridge (12:20~12:40)
~ Museum of the Chuo City (Time Dome Akashi) (13:10~13:30)
~ The site of Asano Takuminokami’s house (13:40)
~ Monument of Tsukudajima ferry (14:05)
~ Monument of Ishikawajima light house (14:15-14:20)
~ Sumiyoshi Jinjya shrine (14:25)
~ Tokyo metro Tsukishim station (14:40)
Goal : Breaking up spot(14:45)[TBD: Friendly meeting] 
《 About 6 kilometers from the start point to the goal 》

 ※The schedule is subject to change due to unavoidable circumstances.

 

The museum of the Kachidokibashi bridgeThe museum of the Kachidokibashi bridge
The monument of the Japanese modernizationThe monument of the Japanese modernization

Houseboat cruising along Sumida riverHouseboat cruising along Sumida river
The Monument of the Ishikawajima light houseThe Monument of the Ishikawajima light house

Application

Please apply to Japan Asian Friendship Society (JAFS) Kanto
E-mail: jafskanto @ gmail.com
TEL: 06-6444-0587

application

←click here for application form

  ※For insurance reason, please enter your own name in the program.


貧窮から抜け出す力を! ~カンボジアにおける マイクロクレジット融資へのご支援のお願い~

小売店を開業する女性

貧窮から抜け出すための支援を!

 もう明日から食べるものがない…。アジアの途上国では、今も多くの村人が貧困に苦しみながら不安定な生活を送っている地域があります。
 絶対的貧窮に苦しむ人たちには、当座の援助の重要性に加えて、貧困の悪循環から抜け出すために「手に職をつけ、仕事を始め、続けていける環境づくり」が、必要です。

助け合うコミュニティ

 JAFS関東では、カンボジア・タケオ州の農村で、養鶏・養豚・店舗を始めるなどの生活自立努力を支えるために、現地NGO(KAFS)と連携して、マイクロクレジット融資(少額貸付)を進める取り組みをしてきました。

 チャリティコンサート、チャリティウォーク、グローバルフェスタでの出店など、今年度のチャリティイベントで得られた収益金・寄付金を積み立てています。目標額は30万円。
 皆さまに支えられ尽力してきましたが、現地で必要とする目標には、まだ2万円が足りていません。どうか、引き続き、温かいご支援をお願いします。 (2016年3月18日追記: 皆さまのご協力で、目標額を集めることができました!! ご支援に心より感謝いたします。)

 

マイクロクレジット融資って?

 一般の銀行は、担保や客観的な信頼がある富裕層にしかお金を貸してくれません。貧しい人びとは、自分の仕事に必要な少しのお金を得るには、法外な金利にもかかわらず非合法な高利貸しに頼るしかありませんでした。

 貧窮に苦しんでいる人に、低利でお金を貸すことで、自立をサポートし、貧困の削減という社会的課題の解決を目指すのが、マイクロクレジット融資です。

カンボジア・タケオ州の家庭

  • 低所得者層むけの小口融資です
  • 農村においては通常、グループへ。都会では個人へも融資をします。
  • グループへの融資は、返済を怠るとグループメンバーが代わりに返済するという連帯責任制をとります。
  • 1週間〜2週間ごとに会合を開き、その時にごく小額ずつを返済します。
  • 5人組に融資(グラミン方式)、10人〜20人の自助グループ(Self Help Group –SHG-への融資、などの融資形態があります。
  • 利息は、一般には2%〜7%/月。このカンボジアのプロジェクトでは3%/月として、1.5%を運営費にあて、残りは村全体の目的に役立てます。

融資によってできること

 対象の村の人たちは、稲作主体の農業が収入源で、⾬季に⽥を耕し、乾季に収穫をし、⼀⽇の収⼊平均は3,000リエル=75セント程度程度です。
 マイクロクレジットを資金源に、養鶏(ニワトリやアヒル)や養豚を指導することで、乾季・雨季問わない収入源が確保でき、鶏の場合:1kg=1,000リエル(25セント)、養豚:豚を村で販売した場合1kg=5,000リエル(1ドル25セント)になります。

カンボジアの農村(生計は稲作。⼀⽇の収⼊:75セント程度)

養鶏(ニワトリやアヒル)(養鶏:ニワトリやアヒル)
養豚(養豚:豚を村で販売した場合1kg=5,000リエル)

 金融機関の利率は通常15%~30%/月、担保・保証人も必要で、生活が厳しくても、何か事業を始めるのは困難です。
 マイクロクレジット融資で利率3%/月のお金が借りられれば、養鶏・養豚のほか店舗を始めるなど、様々な自助努力の可能性が開けます。


活動委員会で来年度の取り組みを議論

JAFS関東活動委員会のようす

活動委員会で来年度の取り組みを議論

JAFS関東活動委員会のようすJAFS関東活動委員会のようす

局長のお話
理香さんとエリナちゃん

 
 2016.2.20(土) に、早稲田奉仕園のCSOネットワーク会議室をお借りして、JAFS関東の活動委員会を開催しました。
 今年度の活動の総括や反省とともに、来年度の活動として、目標資金額まであと一歩となったカンボジアのマイクロクレジット支援の継続と、新たな取り組みとして、モンゴルでの保育園設立の支援などの方向性を相談しました。
 JAFS事務局からは村上局長にも来ていただき、子育て中で大変なはずの会員のR.S.さんもかわいいお子さん連れで駆けつけてくれて、活発な議論ができました。

 委員会では、チャリティコンサート、チャリティウォーク、被災地支援ワークキャンプ、グローバルフェスタ、ぞうすいの会などの主要イベントについて、担当と来年度の取り組みの指針を決め、更に今後詳細を詰めていくことになりました。

 今年度の支援目標だった、カンボジアのマイクロクレジット資金は、あと一息で現地の要望する目標額を達成できるので、引き続き、皆さんのご協力をお願いしていきます。

 温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。