富士山(JAFS30周年)

日本最高峰から世界に向けたメッセージ(富士山ぞうすいの会・ウォーカソン)

 
「地球の水と緑を大切にしよう!」

 2009年7月12日、富士山頂と竜ヶ岳で、世界に向けて呼びかけた、
JAFSからのメッセージです。


(竜ヶ岳山頂で世界に向けて叫ぶスローガン)

 2009年7月11日(土)~12日(日)、JAFS発足30周年を記念して、
富士山ぞうすいの会/ウォーカソン
(富士山五合目での「ぞうすいの会」 + お中道・本栖湖キャンプ・竜ヶ岳・富士登山ウォーカソン)
が行われました。

 ぞうすいの会(贈水運動)とは、1回の食事を質素な雑炊にすることによって、自分たちの
過食や健康を見直し、あわせて普通食との差額をアジアの人々に井戸(安全な飲料水)
を贈る資金に当てようとうする運動です。

 今回のぞうすいの会/ウォーカソンは、参加者の方々の献身的な協力により、
大きな成功を収め、収益金143,854円を、アジアの貧しい地域に井戸を造る基金
することができました。

 この会には、127名の方が、参加。
{内訳: 実地参加 44名、心のウォーカソン参加 83名}
 
 18名が実際に富士山頂に立ち、83名は心で登山。
 26名は一部日帰りの人を除き、本栖湖キャンプ場で親交を深め、
 翌朝 希望する人は竜ヶ岳(1,485m)に登りました。(一部既報告)
 心で登山された皆さんには、富士山頂郵便局から、参加証が届けられました。
 
 参加者の願いが通じたのか、
実施直前までの梅雨空が、奇跡のように晴れ上がり、
富士山とその周辺の自然を全身で感じ、
一人ひとりが力を合わせることの意義を確認することのできた2日間でした。

 この記事では、その活動記録として、上記ビデオクリップとフォトアルバムへの
リンクを掲載します。(フォトアルバムへは、今後も参加者の方よりいただいた情報を
加えていきます。)

 以下は、フォトアルバム掲載写真の抜粋です。

JAFS30周年記念 富士山ぞうすいの会・ウォーカソン
(JAFS30周年記念 富士山ぞうすいの会・ウォーカソン)

竜ヶ岳山頂にて万歳を叫ぶ
(竜ヶ岳山頂にて万歳を叫ぶ)

ご来光
(ご来光)

最高峰「剣が峰」に掲げるスローガン
(最高峰「剣が峰」に掲げるスローガン)

フォトアルバム全体は以下↓からご覧いただけます。
スライドショーでお楽しみください。

(参加者の皆さまへ: 掲載を希望されない写真がありましたら、ご連絡ください。至急対応いたします。)


小谷村ワークキャンプ 共働学舎の「おもや」小谷村ワークキャンプを開催します前のページ

小さな一歩の積み重ねでたどり着いた日本一(富士山ウォーカソン)次のページ富士山から見たご来光

関連記事

  1. 富士山から見たご来光
  2. 富士山(JAFS30周年)

    富士山ぞうすいの会・ウォーカソンでのすばらしい体験

     7月11日(土)~12日(日)に行われた、JAFS30周年記念行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

瀬田敦子オンラインサロン♪Hermony♪

瀬田敦子オンラインサロン♪Harmony♪

毎月300円のオンラインチャリティコンサート

浅草七福神めぐりチャリティウォーク

浅草七福神めぐりチャリティウォーク

浅草七福神めぐりチャリティウォーク・10/29開催‼

訪問してくれた人数


Since 2009.7.26

最近の記事

  1. グローバルフェスタ2022(10/1・2開催) インド先住…
  2. SDGsセミナー『インド、世界の「生理の貧困」』 に参加して…
  3. パンデミックに苦しむパダトラ小学校の子どもたちを助けたい‼ …
  4. アジア・タイの子どもたちの未来のために~ 月2回のオンライン…
  5. みんなで「プラ干狩り」!!  ~ペットボトル 200本分のマ…

おすすめ記事

  1. 竹中真 CHARITY JAZZ PIANO CONCERT
  2. グローバルフェスタ2019

Follow us on Twitter!

  1. GAOKORの小屋

    クルマ・ガル(もう一つの生理の貧困)

    ガオコル/クルマ:生理中の女性を苦しめる因習 ~解決に貴方の力を貸してください~…
  2. ブルーオーシャン作戦

    みんなで「プラ干狩り」!!  ~ペットボトル 200本分のマイクロプラスチックを…
  3. ぞうすいの会

    誰もが『生まれてきてよかった』と思える社会へ~「ぞうすいの会」に40名を超す参加…
  4. ≪新型コロナ募金≫ コロナ禍を生きる子どもたちに安心安全な生活を

    JAFSの活動から

    【ご支援のお願い】コロナ禍を生きる子どもたちに安心安全な生活を
  5. アジア里親の会

    里子の笑顔(18) 「子どもたちの夢」
PAGE TOP