JAFSの活動紹介

アリヤラトネ博士講演 「社会に求められている”真のリーダーシップ”とは」(1)


 2010年10月9日(土) 大阪市のパークホテル臨海にて、
第21回アジア国際ネットワークセミナー特別講演会として、
スリランカNGO 「サルボダヤ」 の創設者・会長である A.T.アリヤラトネ博士
をお招きし、「今、社会に求められている”真のリーダーシップ”とは」
と題して、講演をいただきました。

 「サルボダヤ」は、スリランカで草の根の人々の福祉の向上のために、
シュラマダナ運動(分かち合い運動)を過去50年にわたり実施しているNGO団体
です。

 このブログ記事では、JAFSの会員誌「アジアネット第106号」に掲載された
この講演内容を、2回に分けて紹介していきます。

「今、社会に求められている”真のリーダーシップ”とは」
A. T. アリヤラトネ博士
第21回アジア国際ネットワークセミナー特別講演会

アジアに求められるリーダーシップ

 今日、人々は、飢餓・貧困、紛争、人権の侵害、環境及び生態系の崩壊、
気候変動、犯罪、不正義、武力紛争などで苦しんでいます。だからこそ、
私たちが知識、知恵を共有することが非常に重要だと思います。ネット
ワークセミナーでは、これまで主に我々が日常直面している問題、とり
わけアジア地域に関する事柄を中心に数多くの事柄が論議され、話し合
われてきました。

 今回は、未来において、これからのアジアに求められる、真のリー
ダーシップにについてお話をしたいと思います。

 今日、人間が直面している諸問題は、特定の地域や国に限定されたも
のではありません。それらの問題は、全てが相互に関連したものだ
からです。私たちには国境を越えた考えを持つリーダーたちが必要
です。全体を捉える力を持つリーダーによって、地球環
境が維持可能で平和な世の中を作り上げていくことができます。
 正しいリーダーシップを発揮することで、アジアが世界のリーダーに
なることが可能なのです。

リーダーに求められる条件

 私が考えるリーダーとは、大きな思いやりと愛に溢れた人です。決し
て自己満足のためのものではありません。人に尽くすためにリーダーと
なり、より良い状態の世界を残したいと考えています。素朴で、真摯さ
を率先して見せ、人々に模範を示していきます。彼等は知っています。
人生は永久でないということ(アニカ)、満足いかないことがあるとい
うこと(ドウッカ)、そして自己中心的(アナタマ)ではいけないとい
うことをよくわかっています。国民総幸福度(Growth of Natioal Happiness)
のために努力します。

 また、平和で豊かな社会を持続していくためには、国のリーダーは次
に上げる7つの異なる指導力をバランス良く持たなくてはなりません。

 ◆精神性を指導する力
 それは人々に、身分の如何に関わらず幸せな、満足な生活に到達する
目標を与えることになるからです。スリランカの歴史における黄金時
代、BC6世紀からAD13世紀には、民を支配する王様や政治家達は、
仏陀による十の原則に従って政治をなしてきました。慈善、道徳、才  `
能や能力を認めて推進していくこと、実直さ、公平さ、冷静さ、非暴力、
忍耐、そして、非復讐です。

 ◆知性を指導する力
 博識の教師たちの下に多くの正しい知的指導者が生み出されます。こ
うした指導者が、一般大衆のレベルを決めていくわけです。良き生活を
送るための知恵が、高いところから低いところへと降りてくるわけで
す。高い知識を基礎として、社会の中に知恵を育てていきます。教育を
通して人々の中に深く染み込んでいくわけです。そして地域社会のさら
なる発展の土台となります。

 ◆科学を指導する力
 国は科学的理論や実践を通じて、生態系や環境の安定性を確保しま
す。それは持続的社会を構築していくために、重要な要素となります。
また、物質主義を推進していくためだけの科学技術の応用は、豊かな文
化的遺産に対して取り返しのつかない損害と破壊をもたらしかねないた
め、十分注意しないといけません。

ブラザー&シスターデイ

 ◆社会開発を指導するカ
 紛争解決と平和の対立、宗教間の協力と対話、異民族間の調和、地域
社会組織と指導者養成訓練、職業訓練等が、社会開発のリーダーシッ
プの分野に属するものです。村落や都市共同体から国家のレベルにいた
るまで、こうした分野の指導者を教育・養成し、社会的開発を行なうこ
とが必要です。

 ◆公を指導する力
 私たちが官僚制度と呼んでいる公的事業や政府行政における指導力
は、これまで役人や公務員は高い水準で厳選されてきました。様々な資
格を習得した者にしかるべき地位が与えられ、彼らの業務には、いかな
る政治的介入もできませんでした。しかし、この状況は殆どの国におい
て変わってしまい、政治的影響を受けるようになってきています。我々
は公務を昔のような公正なシステムヘと戻す試みをしなければなりませ
ん。

 ◆企業を指導する力
 今日、企業やビジネスは、とても強大な力を持ち、すべての領域にお
いて影響力を持っています。それはグローバル化が先行する中で、益々
強力になり、良い影響も悪い影響もあります。グローバル化の潮流から
は悪い結果のほうが、肯定的なものを凌いでいるようです。我々は地球
社会の一員として、世界の企業がモラルを守るように役割を果たしてい
かないといけません。

 ◆法律を指導する力
 民主主義にとって、法律に基づいたリーダーシップは必要です。正義
を求める市民の最後のよりどころである司法の独立だからです。法の統
治を支えるのに、実直で勇敢な陪審員や裁判員は、正しい社会にとって
不可欠な指導者であるといえます。

 結論として、それぞれの国の精神的分野をはじめ、知的・教育的、科
学的、社会的、政治的、企業的、そして法的においても精通している
リーダーが必要なのです。こうしたリーダーが、複数でお互いに手を携
えて健全で平和な社会を築いていかなくてはいけません。

地域社会に求められるリーダー

 これまで、私は世界レベルのリーダーや国家レベルのリーダーについ
て話してきました。しかしながら、このアジアには、きわめて高度に発
達した世界的都市が一部に見られるものの、今日のアジアの殆どが、未
だ農村を基盤としています。こうした農村部は、多くの場合、狭い割合
を占める都市部に大きく影響されます。ということは、農村部にあって
も、この急速に変化している経済的状況や、その原因をきちんと理解し
ておかなくてはなりません。将来のビジョンが必要であり、そのビジョ
ンを指し示す人、すなわちリーダーが必要なのです。

(以下、次回に続きます)


関連記事

  1. マロンパティの精水

    JAFSの活動紹介

    「マロンパティの精水」~いのちの水の物語~

    日本のNGO活動史上に残る感動の実話がここに !! JAFSが…

  2. アジアユースサミット

    JAFSの活動紹介

    踏み出そう、世界へ!「第3回アジア・ユースサミット」

     踏み出そう、世界へ!!☆★ 第3回 アジア・ユースサミット ★☆…

  3. アジアフレンドシップ夢基金

    JAFSの活動紹介

    アジアフレンドシップ夢基金

    あなたの1,000円でアジアが変わるとしたら‥ ~アジアフレン…

  4. トトロの森ウォーカソン

    ウォーカソン

    「JAFSウォーカソン」って何?

    地球の水と緑を守ろう!「JAFSウォーカソン」とは… …

  5. アラハバード研修報告

    JAFSの活動紹介

    ~アラハバードから~ インド研修報告

    ~アラハバードから~ 研修報告 (by 横山浩平) インドのア…

  6. ぞうすいの会

    ぞうすいの会

    「JAFSぞうすいの会」って何?

    「JAFSぞうすいの会」とは… 地球上の人口の7人に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

訪問してくれた人数


Since 2009.7.26

「JAFS関東」MLに参加しませんか?

JAFS関東」に参加しませんか?
楽しいイベントや、ボランティア募集などの
案内をお知らせします。
メールアドレスを入力してクリック!

最近の記事

  1. 久我山教会で「ぞうすいの会」 ~村上局長から JAFS 39…
  2. グローバルフェスタ JAPAN 2018 ”Action f…
  3. パダトラ小学校の里子たち ~インド先住民族の子らに学べる機会…
  4. ドイツ・台湾・日本各地から 一流奏者らに感激!! JAFSチ…
  5. ガオコル:生理中の女性を苦しめる因習 ~解決に貴方の力を貸し…

おすすめ記事

  1. 幻想小曲集(シューマン作曲)

Follow us on Twitter!

  1. GAOKORの小屋

    女性迫害の因習ガオコル

    ガオコル:生理中の女性を苦しめる因習 ~解決に貴方の力を貸してください~
  2. アジア里親の会

    里子の笑顔(18) 「子どもたちの夢」
  3. 幻想小曲集(シューマン作曲)

    チャリティコンサート

    ドイツ・台湾・日本各地から 一流奏者らに感激!! JAFSチャリティチェロコンサ…
  4. 植樹の苗を持つ子どもたち

    私たちの取組み

    パダトラ小学校の里子たち ~インド先住民族の子らに学べる機会を!~
  5. モンゴル子ども支援

    モンゴル・保育園設立プロジェクト報告~子どもたちと歩み始めた一歩~
PAGE TOP