誰もが『生まれてきてよかった』と思える社会へ~「ぞうすいの会」に40名を超す参加者


「分かち合えば、助けられる…」

 2016年5月29日、東京府中教会で開催されたJAFS関東「ぞうすいの会」には、40名を超える方が参加し、JAFSの創始者、村上公彦局長のお話を聞きました。

 
村上局長の講演(分かち合えば、多くの人が助けられる…村上局長の講演)

村上局長の講演「地球のスライド」(70億の人を支える地球)
村上局長の講演「子供たちのスライド」(レストランの残飯が大事な食糧)


 講演では、「国際協力と市民活動」~誰もがどこで生まれても、「生まれてきてよかった」と思える社会へ~と題して、アジアの経済発展の陰に隠れた社会の現状や、生きるための水が手に入らない地域の支援の必要性と意義などについて、熱く語られました。

「70億の人が先進国と同じ生活水準を追及するには、地球は狭すぎる。だからこそ、分かち合うことが必要。そうすれば、沢山の人の命を救うことができる」との語りかけに、多くの方が共感を覚えました。

スライド「JAFSがめざすもの」(貧窮なき社会を目指して)

雑炊をいただきながら懇話会

 講演の後は、雑炊を戴きながらの懇話会。JAFS関東メンバの自己紹介の後、JAFS関東の国内活動~チャリティウォーク、被災地支援のワークキャンプ、グローバルフェスタでのチャリティ販売など~についても、紹介しました。

 私たちは、だれでも気軽に参加できる国際協力活動を目指して、国内で参加できるイベントを通じて、皆さんの「何かをしたいけど海外まで行けない… 」という思いを、アジアの助けが必要な地域に届けていきます。一緒に、楽しく国際協力してみませんか!!

 
ぞうすいの会(雑炊を戴きながらの懇話会)


You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply