ぞうすいの会

「JAFSぞうすいの会」って何?


ぞうすいの会トレードマーク


「JAFSぞうすいの会」とは…

 地球上の人口の7人に1人が1日1ドル以下で暮らしており、8人に1人の人々が “危険な水” しか手に入らずに健康リスクにさらされていると言われています。 女性や子どもは決して“安全”とは言えない水を得るために1Kmから3Km離れた水汲み場まで毎日数往復し、たいへんな体力と時間を消耗しています。
 また、衛生的なトイレを使えない人は25億人もいるとされています。 この様な劣悪な生活環境の下で、毎年約180万人(毎日5000人)もの子どもが下痢性の病気で死亡しています。
 今この瞬間にも、水が原因で多くの命が失われています。

 1979年に市民による国際協力・支援活動として、「アジアに井戸(水)を贈る運動」を目指して発足したJAFSは、以来35年間、「食卓からの国際協力」の標題の下、暮らしの中の食と国際協力を結びつける活動として「ぞうすいの会」を行って来ました。

 「ぞうすいの会]の“ぞうすい”とは食べる“雑炊”という言葉が、「贈水」 「増水」 「造水」につながる意味をかけたものです。

JAFS 井戸の写真

 「ぞうすいの会」の活動の目的は、雑炊(元来、雑炊は物の無い時代の質素な食事でした)を食べ、日常の飽食を見直すと共に、雑炊で節約した分を、アジアや世界の人々に安全で衛生的な「生命の水」を贈るための資金とし、国際支援活動を広げることにあります。

 これからも、「ぞうすいの会」を通じた、支援活動に皆さまのご協力をお願いします。

 ※JAFS事務局では、季節の雑炊と共に、アジアの最新情報などのお話を聞いていただける場として、定期的に「ぞうすいの会」を開催しています。
(以下のリンクで、ご案内しています。)
  ~食卓からの国際協力~ぞうすいの会

 ※以下は、各地で「ぞうすいの会」を開催している、JAFS地域グループへのリンクです。
 是非、こちらも覗いてみてください。


関連記事

  1. 久我山教会で「ぞうすいの会」
  2. トトロの森ウォーカソン

    ウォーカソン

    「JAFSウォーカソン」って何?

    地球の水と緑を守ろう!「JAFSウォーカソン」とは… …

  3. ぞうすいの会

    誰もが『生まれてきてよかった』と思える社会へ~「ぞうすいの会」に40名を超す参加者

    「分かち合えば、助けられる…」 2016年5月29日、東京府中教会…

  4. 西堀榮三郎

    ぞうすいの会

    講演「第1次南極越冬隊長 西堀榮三郎が遺したもの」

     南極からヒマラヤにまで足跡を残した探検家、そして、技術者・教育者…

  5. インドの水汲み少女

    JAFSの活動紹介

    浦安からアジアに力を

    国際協力「アジア友の会」に参加徳永 誠さん アジアの人…

  6. JAFSの活動紹介

    共に助け合う世界のために

     ~困難なときこそ、みんなで助けあえば、きっとできる~…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

訪問してくれた人数


Since 2009.7.26

「JAFS関東」MLに参加しませんか?

JAFS関東」に参加しませんか?
楽しいイベントや、ボランティア募集などの
案内をお知らせします。
メールアドレスを入力してクリック!

最近の記事

  1. 久我山教会で「ぞうすいの会」 ~村上局長から JAFS 39…
  2. グローバルフェスタ JAPAN 2018 ”Action f…
  3. パダトラ小学校の里子たち ~インド先住民族の子らに学べる機会…
  4. ドイツ・台湾・日本各地から 一流奏者らに感激!! JAFSチ…
  5. ガオコル:生理中の女性を苦しめる因習 ~解決に貴方の力を貸し…

おすすめ記事

  1. GAOKORの小屋

Follow us on Twitter!

  1. グローバルフェスタ

    グローバルフェスタ JAPAN 2016 ~未来のために、心を一つに取り組んだ2…
  2. アジア里親の会

    里子の笑顔(18) 「子どもたちの夢」
  3. 幻想小曲集(シューマン作曲)

    チャリティコンサート

    ドイツ・台湾・日本各地から 一流奏者らに感激!! JAFSチャリティチェロコンサ…
  4. 東日本大震災支援

    小さな力かもしれない…でも、忘れない! ~「南三陸町応援ボランティア・ワークキャ…
  5. モンゴル子ども支援

    モンゴル・保育園設立プロジェクト報告~子どもたちと歩み始めた一歩~
PAGE TOP