ぞうすいの会

「JAFSぞうすいの会」って何?

ぞうすいの会トレードマーク


「JAFSぞうすいの会」とは…

 地球上の人口の7人に1人が1日1ドル以下で暮らしており、8人に1人の人々が “危険な水” しか手に入らずに健康リスクにさらされていると言われています。 女性や子どもは決して“安全”とは言えない水を得るために1Kmから3Km離れた水汲み場まで毎日数往復し、たいへんな体力と時間を消耗しています。
 また、衛生的なトイレを使えない人は25億人もいるとされています。 この様な劣悪な生活環境の下で、毎年約180万人(毎日5000人)もの子どもが下痢性の病気で死亡しています。
 今この瞬間にも、水が原因で多くの命が失われています。

 1979年に市民による国際協力・支援活動として、「アジアに井戸(水)を贈る運動」を目指して発足したJAFSは、以来35年間、「食卓からの国際協力」の標題の下、暮らしの中の食と国際協力を結びつける活動として「ぞうすいの会」を行って来ました。

 「ぞうすいの会]の“ぞうすい”とは食べる“雑炊”という言葉が、「贈水」 「増水」 「造水」につながる意味をかけたものです。

JAFS 井戸の写真

 「ぞうすいの会」の活動の目的は、雑炊(元来、雑炊は物の無い時代の質素な食事でした)を食べ、日常の飽食を見直すと共に、雑炊で節約した分を、アジアや世界の人々に安全で衛生的な「生命の水」を贈るための資金とし、国際支援活動を広げることにあります。

 これからも、「ぞうすいの会」を通じた、支援活動に皆さまのご協力をお願いします。

 ※JAFS事務局では、季節の雑炊と共に、アジアの最新情報などのお話を聞いていただける場として、定期的に「ぞうすいの会」を開催しています。
(以下のリンクで、ご案内しています。)
  ~食卓からの国際協力~ぞうすいの会

 ※以下は、各地で「ぞうすいの会」を開催している、JAFS地域グループへのリンクです。
 是非、こちらも覗いてみてください。


雨季の土地(バングラデシュ)JAFS関東ぞうすいの会「ラカイン族の村に灌漑用井戸を !」開催しました前のページ

バングラデシュの少数民族:「ラカイン族」次のページラカイン族の女性

関連記事

  1. 西堀榮三郎

    ぞうすいの会

    講演「第1次南極越冬隊長 西堀榮三郎が遺したもの」

     南極からヒマラヤにまで足跡を残した探検家、そして、技術者・教育者…

  2. アジアユースサミット

    JAFSの活動紹介

    踏み出そう、世界へ!「第3回アジア・ユースサミット」

     踏み出そう、世界へ!!☆★ 第3回 アジア・ユースサミット ★☆…

  3. アラハバード研修報告

    JAFSの活動紹介

    ~アラハバードから~ インド研修報告

    ~アラハバードから~ 研修報告 (by 横山浩平) インドのア…

  4. フィリピン台風被害 緊急支援

    JAFSの活動紹介

    フィリピン、台風30号「ハイエン」における災害への緊急募金を開始!

    フィリピン、台風30号「ハイエン」における災害への緊急募金を開始…

  5. 雨季の土地(バングラデシュ)

    ぞうすいの会

    JAFS関東ぞうすいの会「ラカイン族の村に灌漑用井戸を !」開催しました

    ラカインの村の夢を形に !! ~皆の思いを繋ぐ有意義なセッショ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

瀬田敦子オンラインサロン♪Hermony♪

瀬田敦子オンラインサロン♪Harmony♪

毎月300円のオンラインチャリティコンサート

訪問してくれた人数


Since 2009.7.26

最近の記事

  1. 『ボクたちも学びたい‼』 12/16「深川名所めぐり」チャリ…
  2. ウクライナへ…瀬田敦子チャリティコンサートに込めた平和への願…
  3. 第4回ブルーオーシャン作戦「日本とアジアをつなぐビーチクリー…
  4. グローバルフェスタJAPAN 2023 ウクライナ被災者支援…
  5. 10月のおさんぽウォーク:赤坂~新橋チャリティウォークとイタ…

おすすめ記事

  1. 柴又駅前の寅さんの銅像
  2. 生理中の追放 Banished for bleeding: インドのトライバルの女性が快適に過ごせる生理小屋が出来た (BBCの記事から転載)
  3. グローバルフェスタJAPAN 2023 ウクライナ被災者支援とトライバルの子どもたちへの就学支援などを展示

Follow us on Twitter!

  1. アジア里親の会

    里子の笑顔(18) 「子どもたちの夢」
  2. 久我山教会で「ぞうすいの会」

    ぞうすいの会

    久我山教会で「ぞうすいの会」 ~村上局長から JAFS 39年の取り組みを報告~…
  3. GAOKORの小屋

    クルマ・ガル(もう一つの生理の貧困)

    ガオコル/クルマ:生理中の女性を苦しめる因習 ~解決に貴方の力を貸してください~…
  4. 「ネットない子見捨てない」~学校が家にやってくる~ 日印友好学園 パダトラ小学校 コロナ禍の中で 学びの最前線、工夫と苦悩

    JAFSの活動から

    「ネットない子見捨てない」~学校が家にやってくる~ 日印友好学園 パダトラ小学校…
  5. ブルーオーシャン作戦

    みんなで「プラ干狩り」!!  ~ペットボトル 200本分のマイクロプラスチックを…
PAGE TOP