ぞうすいの会

「JAFSぞうすいの会」って何?

ぞうすいの会トレードマーク


「JAFSぞうすいの会」とは…

 地球上の人口の7人に1人が1日1ドル以下で暮らしており、8人に1人の人々が “危険な水” しか手に入らずに健康リスクにさらされていると言われています。 女性や子どもは決して“安全”とは言えない水を得るために1Kmから3Km離れた水汲み場まで毎日数往復し、たいへんな体力と時間を消耗しています。
 また、衛生的なトイレを使えない人は25億人もいるとされています。 この様な劣悪な生活環境の下で、毎年約180万人(毎日5000人)もの子どもが下痢性の病気で死亡しています。
 今この瞬間にも、水が原因で多くの命が失われています。

 1979年に市民による国際協力・支援活動として、「アジアに井戸(水)を贈る運動」を目指して発足したJAFSは、以来35年間、「食卓からの国際協力」の標題の下、暮らしの中の食と国際協力を結びつける活動として「ぞうすいの会」を行って来ました。

 「ぞうすいの会]の“ぞうすい”とは食べる“雑炊”という言葉が、「贈水」 「増水」 「造水」につながる意味をかけたものです。

JAFS 井戸の写真

 「ぞうすいの会」の活動の目的は、雑炊(元来、雑炊は物の無い時代の質素な食事でした)を食べ、日常の飽食を見直すと共に、雑炊で節約した分を、アジアや世界の人々に安全で衛生的な「生命の水」を贈るための資金とし、国際支援活動を広げることにあります。

 これからも、「ぞうすいの会」を通じた、支援活動に皆さまのご協力をお願いします。

 ※JAFS事務局では、季節の雑炊と共に、アジアの最新情報などのお話を聞いていただける場として、定期的に「ぞうすいの会」を開催しています。
(以下のリンクで、ご案内しています。)
  ~食卓からの国際協力~ぞうすいの会

 ※以下は、各地で「ぞうすいの会」を開催している、JAFS地域グループへのリンクです。
 是非、こちらも覗いてみてください。


雨季の土地(バングラデシュ)JAFS関東ぞうすいの会「ラカイン族の村に灌漑用井戸を !」開催しました前のページ

バングラデシュの少数民族:「ラカイン族」次のページラカイン族の女性

関連記事

  1. 久我山教会で「ぞうすいの会」
  2. フィリピンでのワークキャンプ

    ぞうすいの会

    JAFS関東 ぞうすいの会「国際協力と市民活動」(5/29)

    "生まれてきてよかった"と誰もが思える社会へ学校に水道が通って喜ぶ…

  3. JAFSの活動紹介

    フィリピン台風被災地支援 パンダンからの報告

     フィリピンの台風被災地支援のため現地に渡っていた、JAFSプロジェク…

  4. アジアユースサミット

    JAFSの活動紹介

    踏み出そう、世界へ!「第3回アジア・ユースサミット」

     踏み出そう、世界へ!!☆★ 第3回 アジア・ユースサミット ★☆…

  5. セカイイチオイシイ水 ~マロンパティの涙~

    イベント情報

    セカイイチオイシイ水 ~マロンパティの涙~ 9/21(土)より 渋谷ユーロスペースで公開!

    セカイイチオイシイ水 ~マロンパティの涙~国境を越え、過去を乗り越…

  6. アリヤラトネ博士

    JAFSの活動紹介

    アリヤラトネ博士講演 「社会に求められている”真のリーダーシップ”とは」(2)

     スリランカNGO 「サルボダヤ」 創設者・会長である A.T.アリヤ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

瀬田敦子オンラインサロン♪Hermony♪

瀬田敦子オンラインサロン♪Harmony♪

毎月300円のオンラインチャリティコンサート

訪問してくれた人数


Since 2009.7.26

最近の記事

  1. 能登半島地震被災地での支援活動に参加して 
  2. 「瀬田敦子オンラインサロン」で配信 ”チェンマイヒナステラ国…
  3. 『ボクたちも学びたい‼』 12/16「深川名所めぐり」チャリ…
  4. ウクライナへ…瀬田敦子チャリティコンサートに込めた平和への願…
  5. 第4回ブルーオーシャン作戦「日本とアジアをつなぐビーチクリー…

おすすめ記事

  1. よりよい生理小屋を建てることは、生理中の女性を隔離することへの解決方法として議論の余地がある(NPRの記事から転載)
  2. GAOKORの小屋

Follow us on Twitter!

  1. グローバルフェスタJAFSブース

    グローバルフェスタ

    グローバルフェスタ JAPAN 2019 ”Cheer up the world…
  2. グローバルフェスタ

    グローバルフェスタ JAPAN 2016 ~未来のために、心を一つに取り組んだ2…
  3. 久我山教会で「ぞうすいの会」

    ぞうすいの会

    久我山教会で「ぞうすいの会」 ~村上局長から JAFS 39年の取り組みを報告~…
  4. よりよい生理小屋を建てることは、生理中の女性を隔離することへの解決方法として議論の余地がある(NPRの記事から転載)

    クルマ・ガル(もう一つの生理の貧困)

    よりよい生理小屋を建てることは、生理中の女性を隔離することへの解決方法として議論…
  5. JAFS関東の活動から

    JAFS関東 SDGs 世界を知るシリーズセミナー2022 「もう一つの生理の…
PAGE TOP