葛西臨海公園 きずな・チャリティウォーク

葛西臨海公園

チャリティウォークタイトル

  ※あいにくの雨の中をご参加下さった皆様。本当にありがとうございました !!

 生活基盤の再建へ大変な努力をされている震災被災地の方々のために、
 日本が受けた苦難に、力を貸してくださった世界各地の人たちへの恩返しに、
いま、私たちが出来ることがもっとあります。

 そんな想いから、被災された方々への支援とアジアで貧窮に苦しんでいる人たちの
生活改善に役立てるチャリティウォークを企画しました。
 是非、ご参加いただけましたら、うれしいです。

 参加費は、東日本大震災の被災者支援活動、アジアの少数民族の村への支援に使われます。

被災者支援シンボルマーク(180ピクセル)

日時: 2012年 3月17日(土) 10:00~13:10
集合: 東京メトロ 西葛西駅北口 10:00 (少雨決行)

ルート: 行船公園・自然動物園、新長島川親水公園、
 臨海町緑道、葛西臨海公園/海浜公園、など

参加費: 大人:1,500円、高校生以下:1,000円
主催: (社)アジア協会アジア友の会

(葛西臨海公園・展望広場)
葛西臨海公園 クリスタルビュー

 葛西臨海公園は、紺ぺきの海が広がる東京湾岸に、
緑と水と人のふれあいをテーマとして造られた最大級の都立公園です。
 園内には日本有数の水族館や大観覧車のほか、
鳥類園や多種多様な動植物を楽しむことが出来ます。

 この公園は、東京湾沿岸の汚染や埋め立てで破壊された自然環境の再生を目的に
造られました。いまでは都心部では見ることが少なくなったさまざまな動植物が、
園内の森や池に生息しています。また、鳥類では約170種類の水鳥、山野の鳥が確認され、
渡り鳥の中継地にもなっています。

 チャリティーウォークを通じて、都内に残された貴重な自然と触れ合いながら、
原子力発電に象徴される 今の日本に課せられた エネルギー・環境問題、
かけがえの無い自然と国土~生きるための基盤をどう造り・守るか
そんな問いかけを、考える機会にしてみませんか?

ウォーク予定ルート

集合:東京メトロ西葛西駅北口(10:00)
 スタート(10:10)~江戸川区自然動物園行船公園~西葛西駅
~江戸川区球場~新長島川親水公園~臨海町緑道
~臨海橋~葛西臨海公園(芝生広場、汐風の広場)
~葛西渚橋~海浜公園(西なぎさ)~葛西臨海公園(展望広場)
公園内・最終ゴール(13:10) [最寄り駅:JR葛西臨海公園駅]
  <歩行距離:約8km> [ルートは都合により変更することがあります]

  解散後、ご希望により、水族園・鳥類園・観覧車等の施設もお楽しみください。
  ※葛西臨海水族園:一般700円、中学生250円 ダイヤと花の大観覧車:一般700円です。

  ★こちらのページで、予定ルートの映像をご覧いただけます。(⇒開催直前プレビュー映像

集合場所等の詳細

  集合場所: 東京メトロ(東西線)西葛西駅北口
  集合時間: 午前10時00分
  参加費:  一般1,500円、高校生以下1,000円
  持ち物:  水筒、お弁当(必要な方)、雨具、敷物、など (歩きやすい服装でご参加ください)

参加費はどう活かされるの?

 JAFSでは、東日本大震復興支援活動として、甚大な被害を受けた宮城県南三陸町歌津地区
にて、炊き出しや物資配布に始まり、生活支援のための地域瓦版の発行、商店街の再興支援
など、必要な支援活動を行って参りました。
 また、「ラカイン村・夢プロジェクト」を初めとする、国際協力活動では、
文化を共有するアジアの貧窮地域・少数民族地域の窮状のサポートを続けています。
  ・東日本大震災被災地支援活動詳しくはこちら
  ・ラカイン村・夢プロジェクト詳しくはこちら

  本チャリティーウォークの参加費は、これらの支援活動に使われます。

お申込み・お問合せ

   (社)アジア協会アジア友の会 
   葛西臨海公園チャリティーウォーク実行委員会
   TEL: (06)6444-0587 / FAX: (06)6444-0581

お申し込みボタン

 ←お申し込みはこちら

 

  事前申込みがなくても、参加いただけます。(人数把握のため、できるだけお知らせ下さい)
  多くの皆様のご参加をお待ちしております。

パンフレット

  こちらをご覧下さい→pdfファイル

見どころ

行船公園・江戸川区自然動物園/行船公園: 昭和8年地元の田中源氏が、住民福祉の増進のための公園用地として、東京市へ寄付したもので、その後江戸川区へ委譲され、公園として整備されました。「行船(ぎょうせん)」の名称は、田中源氏の屋号にちなんだものです。昭和58年に自然動物園を開園。平成元年に公園北側を全面改修し、平成庭園を開園しました。
(Photo by Comyu / WP:CC-BY-SA)
新長島川親水公園・新長島川親水公園: 江戸川の水を泳げる程度にまで濾過して水路に通した、水遊びの出来る公園です。見通しのよいゆったりした遊歩道状の公園で、沿って流れるせせらぎの途中にはジャブジャブ池や噴水があり、 四季折々の花や芝生、木々が癒しを与えてくれます。
(Photo from 江戸川区ホームページ / all rights reserved)
葛西臨海公園 芝生広場と大観覧車・葛西臨海公園>芝生広場: 公園西北部の芝生広場ゾーン。日本一の大きさの「ダイヤと花の大観覧車」があります。付近には緩やかな勾配の「芝生広場」があり、水仙や菜の花・コスモスなどの花畑、蓮池、散策路、などを楽しめます。
(Photo by pictureTYO / CC BY-NC-SA 2.0)
葛西臨海公園 汐風の広場・葛西臨海公園>・展望広場: 南中部の丘上にガラス張りの展望レストハウス「クリスタルビュー」があります。海に面した所には芝生張りの大きな広場があり、臨海部の景観や香りが満喫できます。対岸に東京ディズニーランドを臨む江戸川河口付近には、三日月干潟とよばれる天然の浅瀬が残っています。
(Photo by pictureTYO / CC BY-NC-SA 2.0)
葛西海浜公園 西なぎさ・葛西海浜公園: 東京ディズニーランドや東京湾アクアライン、房総半島や富士山などを一望でき、平成8年には「日本の渚百選」に選ばれました。「西なぎさ」には砂浜があり、干潟で磯あそびを楽しめます。「海風の広場」はスポーツカイトのメッカとなっています。
(Photo by Masahiro Hayata / CC BY-SA 2.0)
葛西臨海公園 鳥類園のセイタカシギ・葛西臨海公園>鳥類園: 公園東部の鳥類園ゾーンには、広大な森の中に「上の池」(淡水)と「下の池」(汽水)が設けられ、池の畔には「ウォッチングセンター」などの、野鳥観察施設が点在しています。鳥類園や葛西海浜公園の東なぎさは渡り鳥の休憩場所であり、沖合の浅瀬を餌場にする野鳥やそれを狙う猛禽類も飛来します。
(Photo by coniferconifer / CC BY 2.0)
葛西臨海公園 水族園・葛西臨海公園>水族園: 年間入場者日本一の記録を持つ水族館。マグロ類が群泳するドーナツ型大水槽を始め、47の水槽に約550種の生物が飼育されています。世界の五大洋、カリブ海、深海の魚や生物を展示する「世界の海」、可愛いしぐさで大人気の「ペンギンの生態」など、興味深い展示が満載です。
(Photo by Patrick Bolduan / CC BY-SA 2.0)


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply