私たちの取組み

講演会「森は海の恋人」 聴講レポートです

  「森は海の恋人」

     ~人の心に木を植える~    <聴講レポート>

畠山さん講演

 管理人は、12月3日に日本基督教団信濃町教会で、
畠山重篤さん(「牡蠣の森を慕う会」代表、京都大学フィールド科学教育研究センター
社会連携学教授) をお招きして開催された、
講演 「森は海の恋人 ~人の心に木を植える~」を聴講してきました。
 
 大変興味深い講演でしたので、この記事では、その様子を報告させていただきます。

 畠山さんは、「森は海の恋人」という理念に基づき、東北沿岸の地で
20年以上にわたり、漁民が森に木を植える運動を、続けてこられた方です。

 講演では、森が作り出す鉄分が、如何に海の豊富な生命を支えているか
ということを、漁師としてのご体験と最新の科学的知見に基づき解説。

 広葉樹林が腐葉土となり、植物プランクトンに取り込める形で、鉄分が海に供給される。
この仕組みこそが、食物連鎖を通して、日本近海の豊富な生態系を支えているということ。
 森と海の繋がりと、日本の森を守ることの重要性を説く、大変貴重なお話でした。

 飾らない語り口と、思わず引き込まれるユーモアたっぷりの講演。
東北の漁業の復興のためにも、森を守ろうとの呼びかけが、心に残りました。

 牡蠣漁などの体験学習を通じ、森を流れる川の水と海で大きく育つ牡蠣の関係を知った
子どもたちが、海を守るために身近な生活から変えようと行動するさまに、
実践的な活動を通じた啓蒙の大切さも知りました。

 講演の終わりに、郷里の漁場の状況を尋ねる質問者への返答の中で、
畠山さんは、次のように話されています。

「故郷の気仙沼・舞根浜を始め東北の海の生態系は、既に完全に回復しており、
牡蠣などの生育状況も例年以上。 漁のできる環境さえ整えば、
大きな復興の支えとなるはず。
 森を守るための間伐で生産した木材で、被災家屋の再建を進め、東北の復興に繋げたい。」

 「私たちの祖先が守ってきた森と海を未来に残すために、
海を知り抜いてきた先生の呼びかけを、私たちは生かしていく必要がある」と、
参加者の心に強く刻まれた講演でした。

<お知らせ> 
 畠山さんの「森は海の恋人」の活動が、
12月12日(月)の、NHKの「プロフェッショナル」という番組(22:00~)で
取り上げられるそうです。
 皆さまも、是非ご覧になられては、いかがでしょうか。


高槻アート博覧会高槻アート博覧会で「うたつのタカラ」を展示、表彰も!前のページ

南三陸町で伊里前福幸商店街オープン!次のページ歌津福幸商店街

関連記事

  1. 私たちの取組み

    JAFS関東地区2012年度の活動

    JAFS関東地区の2012年度の活動状況の報告です ☆一緒に活動し…

  2. ミャンマーの風景 - 子どもたち
  3. JAFS関東活動委員会のようす

    私たちの取組み

    活動委員会で来年度の取り組みを議論

    活動委員会で来年度の取り組みを議論JAFS関東活動委員会のようす…

  4. 私たちの取組み

    風人の祭2009 in 東京 出展レポート

     こんなに来ていただけるなんて、大感激です!! 9月27日(日…

  5. ウォーカソン

    銀座チャリティウォーク ~ 銀座を知り、女性迫害の現実も学んだ一日

    チャリティウォークご参加ありがとうごさいました 201…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

瀬田敦子オンラインサロン♪Hermony♪

瀬田敦子オンラインサロン♪Harmony♪

毎月300円のオンラインチャリティコンサート

訪問してくれた人数


Since 2009.7.26

最近の記事

  1. 能登半島地震被災地での支援活動に参加して 
  2. 「瀬田敦子オンラインサロン」で配信 ”チェンマイヒナステラ国…
  3. 『ボクたちも学びたい‼』 12/16「深川名所めぐり」チャリ…
  4. ウクライナへ…瀬田敦子チャリティコンサートに込めた平和への願…
  5. 第4回ブルーオーシャン作戦「日本とアジアをつなぐビーチクリー…

おすすめ記事

  1. 世界同時!ブルーオーシャン作戦
  2. 「ネットない子見捨てない」~学校が家にやってくる~ 日印友好学園 パダトラ小学校 コロナ禍の中で 学びの最前線、工夫と苦悩
  3. グローバルフェスタ2021
  4. ≪新型コロナ募金≫ コロナ禍を生きる子どもたちに安心安全な生活を

Follow us on Twitter!

  1. JAFS関東の活動から

    能登半島地震被災地での支援活動に参加して 
  2. ≪新型コロナ募金≫ コロナ禍を生きる子どもたちに安心安全な生活を

    JAFSの活動から

    【ご支援のお願い】コロナ禍を生きる子どもたちに安心安全な生活を
  3. グローバルフェスタ

    グローバルフェスタ JAPAN 2016 ~未来のために、心を一つに取り組んだ2…
  4. 私たちの取組み

    パダトラ小学校の里子たち ~インド先住民の子らに学べる機会を!~
  5. 柴又駅前の寅さんの銅像

    ウォーカソン

    9月のおさんぽウォーク:一緒に歩いて、未来をつくろう!「帝釈天と矢切の渡し」 (…
PAGE TOP