東日本大震災支援

南三陸町で伊里前福幸商店街オープン!


南三陸町歌津地区

  伊里前 福幸(ふっこう)商店街がオープン ! !

伊里前商店街オープン(2)

伊里前商店街オープン(1)

 JAFSが復興を支援している、宮城県南三陸町歌津地区から、商店街再開のうれしいニュースです。

南三陸町ホームページより

 (元記事はこちら

 かつて、この場所には伊里前商店街が形成されていましたが、
このたびの津波によりすべてが流されてしまいました。

 商店街の皆さんは、存続の危機に迫られていましたが、中小企業基盤整備機構から
ユニットハウスの提供を受け、旧歌津公民館駐車場にて再開の運びとなりました。

 オープン初日の今日は、お祝いとして来場者に紅白大福などが振舞われ、
商店街の7店舗のほか、焼き鳥やラーメンなどを販売するテントも立ち並び、
大勢のお客さんが地元での買い物を楽しんでいました。

JAFSスタッフから

 
 この商店街の復活に立ち会った、JAFS本部スタッフの田中さんからも、
喜びを伝えるレポートが届きました。


「今朝、東北から帰ってまいりました。
 現地はさらにがれきの撤去が進み、復興への活動が多くの場所で始まっています。
 伊里前小学校下にありました伊里前商店会の場所に、仮設の商店街7店がオープン。
 出店も出て、開店を祝いました。
 厳しい状況も共にしてきた私たちには、みんなが笑顔の歌津は初めて。
 復興への力強い一歩となるでしょう。
 震災直後の炊き出しに始まり、商店街再興に向けた取り組みをお手伝いしてきた
 JAFSへの感謝を、多くの場所で聞きました。」

↓これは、9月に管理人が訪問したときの、何も無かった伊里前商店街地区のようすです。(くわしくは、こちら
 大きな一歩を踏み出したんですね。

伊里前商店会跡(9月)


森は海の恋人講演会「森は海の恋人」 聴講レポートです前のページ

Our Dreams Come True ! ~少数民族の村に灌漑用井戸が完成~次のページ

関連記事

  1. よこはまチャリティウォーク プレビュー

    ウォーカソン

    よこはまチャリティーウォークを仮想体験

    ~心をひとつに がんばろう NIPPON~を事前チェックし…

  2. 高槻アート博覧会

    東日本大震災支援

    高槻アート博覧会で「うたつのタカラ」を展示、表彰も!

    にて、「うたつのタカラ」が展示されています! …

  3. うたつのタカラ制作

    東日本大震災支援

    「うたつのタカラ」~想いを一枚の絵に託して

     みんなの想いを一枚の絵に託して! 2011年9月17…

  4. 南三陸町

    東日本大震災支援

    「更に息の長い支援へ!」 ~南三陸町歌津地区を訪問して~

    「更に息の長い支援へ...!」            ~南三陸…

  5. ウォーカソン

    よこまはチャリティウォークに参加して(1)

    ~心をひとつに がんばろう NIPPON~ に参加して… …

  6. ウォーカソン

    被災地応援! よこはまチャリティ・ウォーク

    ~心をひとつに がんばろう NIPPON~ 東日本大震…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

訪問してくれた人数


Since 2009.7.26

最近の記事

  1. 竹中真 聖夜を彩る素敵なJazzピアノコンサート ~ 収益金…
  2. 2019.12.7 竹中真 台風19号被災者支援 チャリテ…
  3. グローバルフェスタ JAPAN 2019 ~あなたの力を世界…
  4. グローバルフェスタ JAPAN 2019 ”Cheer up…
  5. セカイイチオイシイ水 ~マロンパティの涙~ 9/21(土)…

おすすめ記事

  1. 竹中さん演奏風景

Follow us on Twitter!

  1. チャリティコンサート

    竹中真チャリティコンサート:サプライズゲストは人気女優 甲斐まり恵さん‼
  2. 竹中真 CHARITY JAZZ PIANO CONCERT

    チャリティコンサート

    2019.12.7 竹中真 台風19号被災者支援 チャリティJAZZコンサート…
  3. 東日本大震災支援

    小さな力かもしれない…でも、忘れない! ~「南三陸町応援ボランティア・ワークキャ…
  4. ぞうすいの会

    誰もが『生まれてきてよかった』と思える社会へ~「ぞうすいの会」に40名を超す参加…
  5. チャリティコンサート

    竹中真チャリティJAZZコンサート:ひな祭りに、アジアの子どもたちへ
PAGE TOP