里子の笑顔(2) 「グルン族のお正月」

子里子の笑顔(2) グルン族のお正月

 JAFS「アジア里親の会」では、
さまざまな事情で就学できないアジアの子供たちが、一人でも多く教育を受けられるよう、
里親のみなさんと支援を行なっています。

 この記事では、JAFSの会員誌「アジアネット」の「里子の笑顔」コーナーから転載し、
「里親の会」が支援している子どもたちの様子をお伝えします。
—-

グルン族のお正月

(アジアネット101号より)

 ピトゥリ村 は、ネパールの中でもインド国境近くの平野にあります。

 タル族が原住民ですが、今はあらゆる民族が混在して生活をしています。
 山手からの移住民も多く、ヒマラヤが望めるポカラ近隣から移住してきている
グルン族が多いエリアです。
 その中に私たちが支援する小学校があり、里子にもグルン(族)の子どもがいます。

 グルン族 の人々は独自のカレンダーを持ち、西暦新年の2~3日前に新年を迎えます。
今年は2009年12月30日が新年でした。

 彼らと私たちとは思わぬ共通点があります。なんと「干支」で年を数えるのです。
子どもたちも生まれた年よりも干支を覚えているほど、重要視されています。

新年、お寺で1年の幸せを願って祈りを捧げる子どもたち

 仏教徒 である彼らにとって、お祝い事の中心はお寺です。
いつもは制服が普段着代わりの子どもたちも、この日は民族衣装や晴れ着をまとい
お寺に出かけます。
 里子たちもこの日ばかりは大人に混じり、新しい年を迎えた感謝を祈ります。

 子どもたち にまじり、私も里親の皆さんへの感謝と今年1年の平安を
お祈りしてまいりました。

 今年も「アジア里親の会」をよろしくおねがいいたします。
(JAFSスタッフ 熱田典子)

※ 里親として、アジアの子どもたちを支援して下さる方を募集しています。
 詳しくは、こちらから


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply