ミャンマー・カチン州における「子ども村」建設プロジェクト

カチン州難民キャンプの子どもたち

ミャンマー・カチン州における
         『子ども村』 建設プロジェクト

 私たちJAFS関東地区会では、ミャンマーの内戦で傷ついた
 少数民族の子どもたちの自立を支援するプロジェクトを応援しています。

カチン州の子どもたち
     (カチン州の難民の子どもたち)

 ミャンマーの最北端に位置し、中国との国境沿いにあるカチン州は、
未だに国軍とカチン族武装勢力との内戦が続いています。
 カチン州の人口約120万人の殆どが少数民族カチン族で、
その内の90%がクリスチャンのため、ミャンマー独立後も辺境の地として
生存権が剥奪されてきました。土地の略奪や、焼き討ち、拷問が繰り返された上、
内戦で多くの地雷が埋められ、生きるための農地耕作も出来ない状況です。
 内戦による国内避難民は、60,000人に昇り、
ライザ周辺では、13,000人もの避難民が5カ所のキャンプにわかれて生活
しています。しかし、物資の配給も継続的に行われず、避難民たちは自家栽培
と日雇いで生活を送り、日々の先行きの見えない状況が続いています。
 
カチン州バモ郡


内戦で傷ついた子どもたち

 内戦により精神的・肉体的に傷ついた子どもたちの多くは、両親や家族を亡くした孤児であり、
未来を拓く道が閉ざされてしまっています。
 子どもたちには、十分な衣服や食料も与えられておらず、生きるための最低限のものしか
持っていません。 教育や医療を受ける経済的余裕は全くなく、彼らのことを指導できる人たち
もいないのです。

配食を受けている子どもたち(カチン州)
(配食を受けている子どもたち)


「子ども村」建設プロジェクト

 JAFSの現地提携団体Metta事業開発団(Metta Development Foundation 以下MDF)は、
女性や子どもたちの職業訓練、避難民の仮設住宅建設、農業・地域開発を実施しながら、
子どもたちの自立のための支援を行っています。
 内戦により肉体的・精神的に傷つけられた子どもたちが、
衣食住を与えられながら手に職を持つために訓練を受けられる場所である「子ども村」を
MDFと連携して建設していきます。JAFSでは、この子ども村と寮の建設費の一部を支援します。

 「子ども村」は、内戦で傷ついた子どもたちを守り、自立する力を訓練するた
めの施設です。
 「子ども村」には、5歳から13歳までの避難民で孤児の子どもたちを受け入れ、
生活を送れる場所、栄養の行き届いた食料、衣服を供給します。
 そして、手に職をつけるための技術指導などを行い、自立できるための能力を
つけさせていきます。

難民キャンプの様子
(難民キャンプの様子)


私たちの挑戦

  内戦で両親を失い、肉体的にも精神的にも傷ついた子どもたちが、
「子ども村」の中で、家庭的な環境の生活を送ること。
 そして、子どもたちが、教育や職業訓練を通じて、ミャンマー社会に貢献する一員として
認められ、様々なフィールドで活躍できることを目指します。

  また、徐々に施設を拡大させ、より多くの同様な環境の中で育った子どもたちが、
ここで生活を送ることが出来るようにしていきたいと思います。

 ここを巣立った子どもたちの将来に何か傷つくようなことがあっ場合は、
子どもたちがここに戻り、傷を癒すことが出来るホームにしたいです。

学校での授業の様子(カチン州)
(学校での授業の様子)
おもちゃ作りの職業訓練(Metta事業財団の活動の一つ)
(おもちゃ作りの職業訓練[Metta事業財団の活動])


 
 生まれた場所が違うだけで、生きる権利も満足に与えられない子どもたちが居ます。
どうか皆さんの力を貸してください。


JAFS関東地区の支援活動:

 この「子ども村」建設プロジェクトを応援するため、JAFS関東では、さまざまなイベント

  • オーケストラつむぐメンバによるチャリティコンサート
  • 古都鎌倉・葛飾柴又・東京スカイツリーなどでのチャリティウォーク
  • 長野県小谷村での国内ワークキャンプ
  • グローバルフェスタJAPANでの出展・チャリティ販売など

~ を実施し、みなさまのご協力をいただいてきました。温かいご支援のお蔭で、目標額の支援金を集めることができ、現地にこれを送金して、子どもたちを保護する施設の建設をスタートすることができました。
 みなさまのご協力に、心より感謝を申し上げます。


You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply